2010年07月20日

月鉾は動く美術館

hoko47.jpg月鉾は、動く美術館といわれるほど、
重さ、高さともに、全山鉾一。
いざなぎのみことの右目から生まれた
つくよみのみこと(月読尊)を祀る。

つくよみって、あまてらすとスサノオの3兄弟って知ってた?
一番目立たないよね。

でも、この祇園祭りでは、かなり目立つ。
提灯のデザインも月の漢字が、他のマークの提灯よりカッコよく目立つ。

京都 祇園祭り 月鉾



ラベル:月鉾
posted by 祇園さん at 14:18| 月鉾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郭巨山かっきょやまは大穴当て!?

郭巨山かっきょ山のお話は、中国史話 二十四考のひとつのお話。

かっきょ(人名)が、金の釜を掘り当て、
母親に孝行をつくしたという話。

そうそう、これも、孟宗山と同じく、親孝行の山だった。
孟宗山が幻想的なのとくらべて、即物的だねyama46.jpg

郭巨山のある場所は、四条通りの新町の近く。

とにかく、この近辺は、室町通りを始め、
呉服で巨万の富を築いた商人が多かった場所だから、
そのあたりからきてるのかなぁ。

京の都の西陣織の着物だもんね。







posted by 祇園さん at 13:21| 郭巨山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占出山うらでやまは女の神様

yama78.jpg写真をよくみると、神功皇后のお顔が拝見できる。
子供の頃、見たのをおぼえている。
夜みると結構こわい。
こわかったから忘れていなかったような。

 身重の神功皇后の御身体だから、
安産のお守りをおいている。
 それに、占出さんは衣装持ちだそうだから、
アパレル関係の人にもいいかもしれない。

 山、鉾合計32のうちで、女神がメインなのは、
船鉾(これもうらでさんと同じ神功皇后)と
鈴鹿山の瀬織津姫と、
岩戸山の天照大神の4つかなぁ。


京都 祇園祭り 占出山 

posted by 祇園さん at 02:34| 占出山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

四条傘鉾の踊りとお囃子 祇園祭り

hoko29.jpg

四条傘鉾は、四条道りの堀川より。
宵々山の、ほこてん、お囃子の時に遭遇した。

雨のあがったあとだった。
お囃子に参加する小学生などは、
ずっと前から練習にいそしんで、
地域で参加できる行事があるというのはいいものだと
いう話を友人としていました。

京都 祇園祭 四条傘鉾

ラベル:四条傘鉾 祇園祭
posted by 祇園さん at 15:26| 四条傘鉾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あられてんじん山のタペストリー

yama25.jpg

祇園祭りの楽しみ方の中に、
鉾や山の町屋をたずねて、装飾品をみせてもらうということが、
祇園祭りの限られた期間だけ、可能です。

夜の歩行者天国を歩くだけじゃないよ。
夜でも見せてもらえるけど、人が多すぎて、なかなか入れない場合がある。

写真は、あられてんじんやま
霰天神山のタペストリー。

普段はみせてもらえないから、得した気分。



posted by 祇園さん at 11:51| 霰天神山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南観音山の解説の木 祇園祭

yama91.jpg

南観音山は、巡行のラストと決まっているのだって。
昭和40年頃まで、17日と24日にわかれていた、巡行の、
後の祭りの方の、トップが、北観音山で、
ラストが、南観音山
ということになってるんだ。

だから、今は、決まって、全体のラストなのね。
いつも、順番とか決めたはるけど、
そういうことがあったとは、全く知りませんでしたね。

曳山(ひきやま)っていうのは、車輪がついてて、
こまかいことを言わなければ、鉾と
ほとんどかわらない感じ。


京都 祇園祭 南観音山

posted by 祇園さん at 03:04| 南観音山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浄妙山 雨ふってきた 祇園祭り

浄妙山 (じょうみょうやま)は、 平家物語の宇治川の合戦の
一場面をとらえた山。

雨降ってきた。この7月14,15、16,の期間は、いつも梅雨が終わってない。
必ずといっていいほど途中で雨が降る。

今年は、ものすごい雨だったね。
この後、どしゃぶりになった。
yama89.jpg

posted by 祇園さん at 02:01| 浄妙山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大伴黒主が桜の花を仰ぎみる姿 

黒主山 (くろぬしやま) の御神体、歌人の大伴黒主 (おおとものくろぬし)が、
桜の花を仰ぎみる姿。

御神体は、寛政元年の銘がある。
寛政元年は、1789年。

すっげー古いなぁ。
鉾は、他の鉾と違って、黒いのが、かっこーって感じです。
yama67.jpg 
黒主山 京都 祇園祭
posted by 祇園さん at 01:02| 黒主山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

放下鉾の巡行の写真 祇園祭り

放下鉾 (ほうかほこ) 、新町通りを通っている時、三条で見れた。今まで、河原町とか、四条通りなど、ある程度広い通りでしか、鉾巡行を
見たことがなかったけれど、
鉾が、はばぎりぎりの狭い通りをとおるのは、
かなり迫力ある。
狭い通りでみる醍醐味っていうのかな。
見れてうれしかったわ。
hoko78.jpg
posted by 祇園さん at 23:22| 放下鉾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橋弁慶山の弁慶と牛若丸 祇園祭り

弁慶と牛若丸が戦う姿をあらわしている山、橋弁慶山。

牛若丸の牛が、牛頭天皇の牛と同じだね。
牛若と弁慶のお人形さんには、
永禄6年の銘があり、貴重であります。

永禄6年って?1563年だってー。すごい昔。yama55.jpg
京都 祇園祭 橋弁慶山


ラベル:橋弁慶山 京都
posted by 祇園さん at 23:03| 橋弁慶山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。