2010年07月21日

鯉山の左甚五郎作の鯉 京都祇園祭

左甚五郎作の鯉が、鯉山にあります。鯉山はけっこう人気で、ちょっと並ばなければいけなかった。

左甚五郎の鯉の横は、
16世紀にベルギー・ブリュッセルで織られたタペストリー。
図柄は、
トロイ戦争を題材とした、ギリシャ詩人ホメロスの叙事詩、
イーリアスの一場面でのトロイ王の英姿です。

なぜ?祇園祭りに西洋のタペストリーが??
の鯉山の謎。
これ、おもしろいね。
yama125.jpg



posted by 祇園さん at 23:30| 鯉山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

鯉山の写真 京都祇園祭

7867.jpg
龍門の滝をのぼりきったコイは龍になるという中国の登竜門伝説から。

左甚五郎作と言われる鯉や、
16世紀のベルギーのタペストリーがあり、
見学は、人気で人が多かったよ。

7月14、15、16日のこの3日間しかみれないか
ら。
posted by 祇園さん at 16:26| 鯉山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。