2010年07月20日

郭巨山かっきょやまは大穴当て!?

郭巨山かっきょ山のお話は、中国史話 二十四考のひとつのお話。

かっきょ(人名)が、金の釜を掘り当て、
母親に孝行をつくしたという話。

そうそう、これも、孟宗山と同じく、親孝行の山だった。
孟宗山が幻想的なのとくらべて、即物的だねyama46.jpg

郭巨山のある場所は、四条通りの新町の近く。

とにかく、この近辺は、室町通りを始め、
呉服で巨万の富を築いた商人が多かった場所だから、
そのあたりからきてるのかなぁ。

京の都の西陣織の着物だもんね。









posted by 祇園さん at 13:21| 郭巨山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。