2010年07月25日

浄妙山の御神体の写真 京都祇園祭

浄妙山じょうみょうやまは、
平家物語の橋合戦に由来する山で、源氏方で、三井寺の僧兵、筒井浄妙 (これまた、お名前の山でしたか。)が、
奮戦していたところを、
一来法師が、浄妙の頭上を飛び越え、
戦陣をきってしまった場面の、
筒井浄妙と一来法師が御神体です。

こちらの御神体は、京町屋ではなく、ビルの1階に飾られている。

古い京町屋に置かれている御神体は、建物と調和して、
重厚感が倍増する。ビルの1階では、呉服屋の展示のような印象を受けてしまう。
京町屋のような、古い木の色などなく、
きっと明るすぎるのと、天井が高すぎるからだろうな。
yama878.jpg



posted by 祇園さん at 01:49| 浄妙山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。